賃貸の鍵の防犯は

賃貸で鍵とその他の防犯

賃貸の防犯には鍵以外も考える

賃貸住宅は、たくさんの人が入れ代わり立ち代わり住むものです。新しい入居者が入居する際には、当然鍵を付け替えて以前の住人がこっそりと作った合鍵で中に侵入できないようにしますが、安い家賃の物件でずさんな管理会社ではそのまま引き渡してしまうところもあるようです。そうすると、いくら防犯を心がけても意味がありません。契約する際には新しいものになっているのか確認しましょう。また、賃貸の防犯としておすすめなのは窓ガラスを壊されて侵入されないようにガラス飛散防止フィルムを貼ることです。すぐに侵入できないと強盗はあきらめる確率が高いからです。

防犯上から選ぶ物件とは

女性の一人暮らしで賃貸物件を借りるとなった場合には、防犯上でも役立つ設備がついているかどうかも重要です。賃貸マンションになれば近年ではオートロック式ということも多く、1階のエントランスまでしか外部の人が入ることができないので玄関先まで来ることもないので安心です。また、部屋のある場所によっても防犯性は左右されるものであり、一階になればベランダから侵入される恐れもあるので二階以上であれば安心です。角部屋の場合にも注意が必要であり、建物の外側の壁などから伝って侵入されるケースもあるので避けるようにします。

↑PAGE TOP