賃貸の玄関防犯対策

賃貸の防犯は玄関も考える

玄関防犯対策をしている賃貸物件

賃貸マンションや賃貸アパートを借りるときに防犯対策として玄関に鍵やチェーンロックを装着する必要があります。鍵にも様々あり昔からあるような金属の鍵もありますし、コンピュータを利用したオートロックシステムもあります。こちらの鍵を付けるだけでも効果があります。チェーンロックを付けると更に効果が高くなります。チェーンで玄関をロックするので鍵だけの場合よりもかなり効果があります。費用面ですが、チェーンロックを掛けていない場合と比べても家賃はあまりかわりません。そのためチェーンロックをしている家賃の物件を選ぶのが良いです。

物件の防犯に関しては

賃貸物件の防犯に関しては、アパート物件の場合には自己責任でこれに臨む必要があります。特に1階部分は注意を要し、心配な場合は監視カメラを取り付けることもあります。賃貸マンションの場合は常駐管理人を置く場合もありますし、防犯カメラが取り付けられている場合も多いものです。個別にはディンプルキーが使われたりTVモニターホンが備わっていることも多いものです。それ以外でストーカーなどの危険性がある場合も報告されています。非常時アラームを携帯していたり、室内が見えないように厚手のカーテンを付ける、あるいはドアスコープで覆いのできるタイプのものを取り付けるといった方法もあります。

↑PAGE TOP